ゴールドワン ゴルフスクール

バックスイングでもう悩まないドリルをご紹介します。

動画に見られるように、アドレス時の傾いているグリップだけに着目し、グリップエンドを支点にして傾きどおりに上げていくだけです。この時、グリップの先端にプロダクトのマークがあったら、その向きを変えないように傾斜に沿って上げていきます。

この動作と同調させるように、両脇を締めて胸の回転と同調して上げていき、グリップが右太腿前を通過するあたりでタイミング良く右肘を折りたたみ(ヒンジング)、クラブをピックアップしてやります。フェースを閉じて、開いてなどと一切考えなくても、オートマチックにスパッと上がるようになります。

私の持論として、「クラブは勝手に上がるもの」、「ゴルフはクラブを体の正面に戻してくるゲーム」というのがあります。支点が動きすぎると遠心力が感じられません。そして、何よりグリップを遠くに高く上げると、クラブを体の正面に戻してくる感覚がまったく無くなってしまいます。よって、「スイングしている時でも、グリップエンドがおへその正面に残っている感覚」が大事なのです!

プロでは谷口 徹選手やジャンボ尾崎さんなどは、この感覚が研ぎ澄まされているんではないでしょうか!「左手に弓を持って、右手で弦を引く」ように見えます。