グリップは(握り方)スイング中の
フェースの向きに影響するので
極端に被せすぎて握ったり
開いて握ったりすると、様々な
ミスショットの原因になります。

今回はグリップを被せすぎた場合
におこるトップについて
お伝えしたいと思います。

グリップを被せすぎると
(左手の甲が上を向くような握り)
スイング中にフェースが閉じやすく(シャット)
なります。

そのままスイングすると球は
左に飛ぶので、左に飛ばないようにと思うと
インサイドアウト軌道になります。

インサイドアウト軌道が極端になった場合
球をすくい上げるように軌道になるので
インパクトで球の頭にクラブヘッドが当たり
トップします。

トップボールがよく出る方は
グリップが原因かもしれません。

チェックしてみてください!^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポイント

◆左手はナックルが2つ見えるように

◆右手はY字が首筋の右を指すように握る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは また