アドレスでグリップする位置が体に近すぎると、ダウンスイングで腕を振る間隔が狭く窮屈になるため、インパクトではフェースが開きやすくなり、球は右に曲がります。(スライス)
グリップとの間隔はこぶし1つ半くらいを空けてセットしてください、狭い場合は足で下がって調節するようにしてください
(腰を引くのは良くありません)

※スライス克服のポイント