親指を下に向ける(親指側の手首を伸ばす)事で手首のフリップの動きを抑えられます。なぜならこの動きと手首のフリップは両立できないから。