新宿少人数グループレッスン初回1レッスン50分3000円(税別)

動画が書籍になりました。(DVD付き)

グリップ、アドレス、スイングイメージを統一させましょう。

チャンネル登録、評価、コメントお願いいたします。^^

右肩を下げた構えて軸を右に傾けてスイングしたいというご質問がありました。

おそらく右に傾けてスイングしたいという人は叩き付けるようなスイングを
なだらかな軌道でスイングに修正するための変更と考えられます。

まず右肩は基本的にグリップを右手が下になっているので、
普通に構えると、やや右肩が下がった状態になります。

ですから、少し傾いてアッパー軌道を誘発したい場合はややグリップを変える必要があります。
右手を少し横からもしくは下から握ることで、右肩が下がりやすくなります。

ですから、右手を上から握りすぎている人が右肩を下げようとすると、状態が右に傾きすぎた
形になって右へのミスが多くなってしまいます。

ですから、身体の傾きを修正するにはグリップも込みで考える必要がありますね。

グリップを下から握っていて、ダウンんブローに打つのもそう考えると難しいですよね。

左のリードのタイミングを覚えてナイスショット!!

【パターの握り方の基本】クロスハンドグリップについて。

ギッタンバッコンスイングを直す。

トップでクラブが右を向いてしまうクロスについて。

【スライス防止】身体のテンポに合わせた腕を振るタイミングとは?

ボディーターンに腕を上手く使ってタイミングをとる。

身体の正面でインパクトして飛距離と方向性をアップ
新宿御苑ゴルフスタジオでレッスンしています。