グリーン周りのチップショットで気を付けること。それは初心者から中級者の間でよく見られるスイング中の手首の折れ、すなわちインパクトでこねてしまうと、様々なミスを誘発します。これって結局器用な利き手が悪さをしてしまうってことなんです。いつまでたってもこんなことで悩むのも嫌なものです。早く治療しておきましょう。

これまでも様々なアプローチドリルを紹介してきましたが、今回のクロスハンドで持つドリルは、一見左サイドリードと左手首のフラットリスト(すなわち少しハンドファーストでヒット)で打つための練習に思えますが、それだけじゃないんです。

右肘を脇腹につけてクラブがすっぽ抜けない程度に吊って構える感覚。そして、トップでできた右手首甲側の角度を変えないように体の回転で打つことも大事なんです。この時、ハンドファーストでクラブのリーディングエッジがボールの赤道を水平にスルーするように打つのがコツです。(左荷重にしておいて両膝も小さく回転しながら飛球方向に押し込みます)グリップを強く握って上から打ち込んではダメです!結果的に手首の折れに繋がるので気を付けたいですね!

冬眠期間は人工芝マット(長めの芝)や座布団の上で打感を確かめるような感じで練習してください。絶対に手首の折れは克服できます。アプローチは小さなショットなのでこの感覚をそのままショットに結び付けてください。