<シュートサム&アーリーコック>

従来の手法では、ロングサムで、レートコック(遅いコッキング)が標準でした。
これでは、毎回ゆっくりとした均一なテンポを維持する必要があり、スピードを加速して上げる事ができませんでした。
しかも、切り返しの負担が、左手親指の付け根に来るために、亜脱臼を起こす危険もありました。
左重心スイング理論では、「ショートサム&アーリーコック」を採用することにより、
スイングスピードを上げる事や、スイング軌道のブレを少なくする利点があります。

<コッキングの方向>

従来の手法では、右横を目指して、クラブを横に倒す方向で上げて行くのが標準でした。
これでは、フェースが開いてしまい、インパクトではフェースを返す複雑さがありました。
新しい理論では、「左手親指方向」に縦に上げることにより、
クラブフェース面を開く必要が無くなり、インパクトでシンプルにフェースを維持できます。

<グリップの強さ>

従来の手法では、グリッププレッシャーに対して、明確な考えがありませんでした。
これでは、人により、場面より、適正値を見出すことが困難でした。
新しい理論では、「フィンガーグリップ&右手の角度維持」を採用することにより、
力の入れすぎからくる左へのミスを防げ、力の抜き過ぎからくるダフリや右へのミスを防げます。

<肘の向きと、手首の向き>

従来の手法では、両肘は上を向く構えで、左手はフックに握っていました。
これでは、バックスイングで肘の回旋が起きてしまい、フェースが開きやすい欠点がありました。
新しい理論では、「両肘が向き合うように、手首は左手甲が一直線」を目指して握ることにより、
フェースの無駄な開閉を防ぎ、インパクトでの安定性を得ることができます。

<右肘の回旋とシャットフェース>

従来の手法では、バックスイングで右肘をたたんでいました。
これでは、フェースが開いてしまい、ダウンスイングで肘を伸ばす動きと、クラブを返す動きによるアウトサイドイン軌道の欠点がありました。「右肘を開く+シャットフェース」は、手首や両肘を痛める危険さえありました。
新しい理論では、「右肘の回旋」を抑えることができ、かつフェースをあまり閉じる必要がなく、ボールにスピンを与え、止めることができます。

<右手を下から握ることの弊害>

従来の手法では、右肩が下がり、右手を下から握っていました。
これでは、バックスイングで、右肘が支点となり、フェースが開いて上がりやすくなる弊害がありました。
新しい理論では、「右手を横方あてがう」これにより、バックスイングでは、肩の縦回旋とリンクして、右肩右肘が上昇していき、ダウンブローに打てる前段階が形成されます。

<手首を返すことの弊害>

従来の手法では、下半身リードを行い、遅れてきたクラブや開いたフェースを前に返していました。
これでは、タイミング次第で、左と右へミスする弊害がありました。
新しい理論では、「体を正面にむけたまま、右手の角度維持」クラブを通過させることにより、打点の安定が得れます。

購読者の皆さん、
今回の内容はいかがでしたでしょうか?

最後に1つ。
「最適なグリッププレッシャーとは?」
腕が最速で振れる状況であり、右手の角度維持が出来るグリッププレッシャーであることです。
強く握る→肩やひじが硬化して、最速でふれない。
脱力して握る→最速で振れるが、インパクト時のフェース面を維持できない。
PFGAジュニア育成基金の為のメルマガ解説文引用