「ダフり」グリップがストロングになり過ぎている

グリップがストロング(左手を深く被せて握る)
になり過ぎていると、
ダウンスイングの軌道が
インサイドアウトになりやすく、
極端なインサイドアウト軌道になると
球をすくい上げるような軌道になり
ダフりが出やすくなります。

すくい打ちはダフりやトップ
プッシュ、フックと様々なミスも出ます。

左手グリップは
中指付け根が見える程度で握ります。

左手の甲が上を向くように握ると
被せすぎです。

親指と人差し指の付け根の
「Y字」が首筋の右を指すように
チェックしてください。

グリップが変わると
スイング軌道も変わり
球を正しくヒットしやすくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポイント

◆左手は中指つけの関節が見える程度にする。

◆両手のY字が首筋の右を指すように握る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではまた(^^)/